さらば、Ayvri・・・ 

これまで、AyvriというWebサービスを利用して、3Dマップ上にランニングの走行軌跡を表示する動画を作成して、ランニングブログにも掲載してきました。Ayvriについて詳しくは 「ayvri」で3Dマップ上の走行軌跡動画を作成しよう をご覧ください。


ところが、2022年10月31日をもってAyvriのサイトは閉鎖されることになり、10月1日には動画の作成機能が終了してしまいました。Ayvriからのメッセージは https://ayvri.com/pages/about で見ることができます。


Ayvriの代わりになるサービスとしては、Reliveしか思いつきません。もともとAyvriの利用を始める前にはReliveも検討していたのですが、僕の使用しているEPSONのGPSウォッチやStravaから走行データをアップロードする方法がなかったため、Reliveの利用は断念し、Ayvriを利用することにしたのでした(詳しくは 「ayvri」で3Dマップ上の走行軌跡動画を作成しよう をご覧ください)。


ところが、それから2年の間に、いつの間にかReliveでもGPSウォッチで記録したGPXファイルを直接アップロードできるようになっていました。つまり、Ayvriと同じです。しかも、Reliveの場合は動画ファイル(mp4)そのものが作成され、それをダウンロードして入手することができます。Ayvriの場合はサイト上でアニメーションを再生するだけで、動画ファイルを作成したりエクスポートしたりする機能はありませんでした。そのため、サイト上で再生させているアニメーションをキャプチャーソフトで録画して動画ファイルを作成するという手間がかかりましたが、Reliveではこれが不要になります。


こうなればReliveを利用しない手はありません。変わり身の早さに定評のあるargonですので、早速Reliveに乗り換えました。以下、備忘録代わりに、ReliveにGPXファイルをアップロードして走行軌跡動画を作成する手順を記録しておきます。なお、GARMINなどReliveと連携しているGPSウォッチやアプリ・サービスを利用している場合は、走行データを自動的にReliveにアップロードするように設定できるので、GPXファイルを手動でアップロードする作業は不要です。


Reliveのアカウントを作成する

まずはReliveのアカウントを作成しないことには始まりません。Reliveはスマホのアプリでも、Webサイト上でも利用できますが、Webサイト上でできることには制限があり、アカウントの作成もWebサイト上ではできません。スマホにReliveアプリをインストールし、初回起動時に指示に従ってアカウントを作成しましょう。


GPXファイルをアップロードする

アカウントが作成できたら、Webサイトでもアカウントにログインできるようになります。GPXファイルのアップロードはWebサイト上でも、スマホのアプリからでもできますが、僕自身がGPXファイルをPCで扱っている関係上、まずはWebサイト経由でのアップロード方法を説明します。


アップロードの前に、走行データを記録したGPXファイルを用意しないといけませんが、これは 「ayvri」で3Dマップ上の走行軌跡動画を作成しよう で説明済みなので、そちらをご覧ください。


GPXファイルが用意できたら、Reliveのサイト( https://www.relive.cc/ )からログインします。


Relive Webサイトトップ

ログインすると、設定ページが開くので、左側のメニューから「インポート」をクリックします。


Relive Webサイト設定画面


インポート画面が開いたら、「アップロードするファイルを選択」ボタンをクリックし、用意してあるGPXファイルを選択します。


Relive Webサイト GPXアップロード


ページが下のようになり、「it's done!」と表示されればアップロード完了です。


Webサイトでできるのはここまで。アップロードしたデータに基づいて動画を作成するのはスマホのアプリでしかできませんので、これ以降の作業はスマホに移ります。

なお、GPXファイルのアップロードはスマホアプリからもできます。アプリを立ち上げ、「フィード」の画面の左上、「インポート」をタップしてインポート画面を開き、「ファイル(デバイスからファイルを選択します)」というところをタップし、スマホ内に存在するGPXファイルを選択します。


Reliveアプリ GPXファイル インポート

Reliveアプリ GPXファイル アップロード

PCを使わず、スマホですべてを完結したい場合は、こちらのやり方になるでしょう。

動画ファイルを作成する

GPXファイルのアップロードが完了すると、スマホアプリの画面は、下のように、さきほどデータをアップロードしたアクティビティを表示しているはずです。もし表示されていなければ、「フィード」の画面を開き、その中から該当のアクティビティを選択して表示させます。そして「Relive動画を作成する」ボタンをタップします。

Reliveアプリ 動画作成

次の画面で、アクティビティの名前や種類、動画の向きのタテヨコなどを決めた上で、「作成」ボタンをタップします。


下のような画面に変わり、動画の作成が始まりますので、しばらく待ちます。


画面が下のようになったら、動画作成完了です。


動画を保存する

上の画面で、動画の再生ボタンをタップすると、下のような画面になり、動画が再生されるとともに、その下に「保存」ボタンが表示されます。この「保存」ボタンをクリックするとスマホ内に動画ファイル(mp4ファイル)が保存されます。

Reliveアプリ 動画 ダウンロード 保存

実際に、スマホの中を確認してみると、下のように動画ファイルが保存されています。


以上で、Reliveを用いた走行軌跡動画の作成・保存は完了です。キャプチャ作業がない分、Ayvriよりは手間がかからない印象ですが、難点はAyvriのようなズームインやズームアウトができないところです。有料アカウントになれば動画の編集などもできるようですが、僕自身は今のところ課金する予定はありません。